»一覧に戻る

敬老の日 初秋の味覚でお祝い

本州では台風による大雨が大きな被害を引き起し、道内でも広い範囲で激しい雨が降ってしまい、せっかくの連休も残念な天候になってしまいましたね。 ここ愛心メモリアル病院の年間行事食の中で、<敬老の日>の献立は特別です。 それは食欲の秋と言われるように、美味しい食材が多く出回り始めるからです。 北海道で秋の味覚の一番最初に挙げられるひとつである《サンマ》。 ここ何日か前になって、やっと南下し始めたようで、道東沖でも水揚げが増え始めた ようですね。 備長炭と七厘で炭火焼きに出来れば最高に美味しいのはわかっているのですが、 煙がもうもうと立ちこめるので、ここではちょっと無理! 6月の行事食で《鮎の塩焼き》もご提供しているので、 今回は焼き物としてではなく、ふんわりと柔らかくお醤油の香りが漂う 《竜田揚げ》としました。 新鮮なサンマを三枚に下ろし切り身にして、タレに(お醤油・お酒・みりん・砂糖 ) 漬け込みます。 その際に、生姜とネギも一緒に加えて香りをプラスします。                 漬け込むタレの濃さにもよりますが、薄味に仕上げたいので30分ほどで引き上げます。                 片栗粉をまぶして180℃位の揚げ油で揚げます(身が薄いので揚げ過ぎに注意)。 キッチンペーパーなどに、油切れが良くなるように順次立てかけて取り上げれば 仕上がりがカラッとなります。                 副菜の《小松菜・とんぶりの大根おろし和えイクラ飾り》 小松菜は、ビタミンA・鉄分・カルシウムが非常に豊富で、 日々の献立によく登場する野菜の一つです。                 ご飯は、《 赤飯 》。 大きな炊飯釜!2台使用してふっくらと炊き上げます。     http://buygenericcialisonline-norx.com/<           albertsons pharmacy<   写真を撮り忘れましたが、デザートの《 洋梨のコンポート 》の洋梨(パートレット)も もちろん生から調理します。 白ワインとお砂糖で煮くずれしないように、やさしく火を通していきます。                 フランボワーズとミントを添えて。   http://buygenericcialisonline-norx.com/<           cialisdosage-5mg10mg20mg<   pharmacy rx<   ◇ 敬老の日 初秋の味覚 の献立 ・秋刀魚の竜田揚げ ・小松菜・とんぶりの大根おろし和えイクラ飾り ・まぐろのお造り  ・なめこのみそ汁 ・お赤飯  ・洋梨のコンポート               10月の行事食は、14日(月曜日)体育の日になります。 調理課  中川