»一覧に戻る

睡眠障害

薬剤師の小澤です。 昨夜から当直していたのですが、日の出が早いのでいつもより早起きしました。   今日は夏至、一年で最も日照時間が長い日ですね。   札幌での夏至の日照時間は約15時間ほどですが、フィンランドやスウェーデンなど北欧の国々では、この頃は一日中太陽が沈まない白夜の時期です。   フィンランドでは睡眠障害に悩む方が多いそうですね。
  人間の生体リズムはメラトニンという脳内ホルモンと大きく関わりがあります。 メラトニンには眠気をおこす作用があり、夜暗くなると多く分泌され、日中の明るいときには分泌されにくくなります。 なので、我々の睡眠のリズムは、太陽の動きによってある程度正常に保たれているということになりますね。   フィンランドの方の睡眠障害は一日中沈まない太陽のせいなのでしょうか?