看護部のご紹介

看護部長からのメッセージ

「アットホームで看護師の主体性を発揮しながらチーム医療を実践できる職場です」

急性期の循環器病院で“忙しい”という印象が強調されやすい一面もありますが、研修や見学に来られる外部の方からは、

「みなさん明るく活き活きとお仕事されていますね。」

「患者さんと看護師の距離がとても近いですね。」

「もっとピリピリしているのかと思っていましたが全然違いますね。」

などと言われます。

ママさん看護師もずいぶん増えました。

キャリア開発支援にも力を入れていますが、永年勤続休暇制度(1ヶ月間の長期休暇またはハワイ旅行)や、年1回の海外研修制度など、他の病院にはない魅力も見逃せません。

病院理念・看護部理念を大切にし一緒に働ける仲間をお待ちしています。

看護部長 武田 美智子

看護部基本方針

組織の一員としての自覚を持ち、地域に貢献できるよう、常に新しい知識・技術の習得に努力するとともに、豊かな人間性を身につけ看護の質向上のために自己啓発に努め、愛心メモリアル病院看護師としての必要な能力を身につける。

看護部理念

「心に届く看護の提供」

1.看護サービスの提供

人は、健康上の必要が生じ、健康に関する専門的な知識や技術を医療者に求めたときに初めて患者さんとなります。

患者さんは、一人一人がこのうえもなく尊い価値を持った存在です。患者さんへの看護においては、その個に寄り添った看護が吟味され提供されるものです。

その実現のために私達は、身体的・心理(情緒)的・社会的側面から患者さんを捉え、患者さんにとっての「あたりまえのことをあたりまえに」提供できるよう最善を尽くしたいと考えます。

患者さんがその人らしい生活を送れるよう最善を尽くし、患者さんやご家族の心に届く看護を目指します。

 

2.パートナーシップの構築

患者さんには、「ここまでよくなりたい」とゴールを決めたり、「もうこれ以上がんばらない」と意思表示し、決定する権利があります。同時に、自らが自分の健康を高めるために積極的に医療に参加する責任もあります。

私たち看護師には、患者さんが自分の置かれた状況を理解し、自分のこれからの人生をも鑑み意思決定できるよう、専門職として必要な案内をし、意思決定したことを尊重し支える責務があります。

患者さんと医療チームがともに目標に向かって健康問題を解決していくことを大切にします。

 

3.看護師の責務

愛心メモリアル病院看護部は、患者さんが安心し納得して、QOLを高めることをめざし歩めるよう支援することを使命としています。

チーム医療においては、、患者さんの目標達成のために看護の専門性を発揮し、主体的にイニシャチブをとり実現に向かいます。

そのためには、絶えず新しい知識や技術を習得すべく努力し、広い視野にたって職務をまっとうすることが専門職としての使命です。その際には、低コストで質の高い援助の工夫や、環境保全にも配慮します。

また、看護の水準を高めるよう、看護団体の目的を理解しその目標に徹します。

2012年7月改訂

 

組織図

組織図

看護部目標

各部署間で看護の継続をはかり、患者様およびその家族に安全と安心を保証し満足していただける看護を提供する。

  1. 治療効果を早く最大限あげられるよう援助する。
  2. 患者様および家族の希望する生活が送れるよう支援を行う。
  3. 社会生活への適応を助けられるよう患者様および家族への支援をする

各部署の取り組み

各部署の取り組み

 

勤務体制

3交替制(病棟) 4交替制(ICU)
A 8:30~17:30 A 8:30~17:30
B` 16:00~1:00 B 14:30~23:30
D` 0:30~9:30 C 1:00~6:00
D 2:30~11:30

看護提供体制

受け持ち制固定チームナーシング

こんな先輩達が活躍しています!!

先輩から一言

  私は、当院に就職して10年が過ぎました。一通り、ローテーションを終了し本館病棟で勤務しています。2児の母でありますが、正職員として働き、夜勤もしています。当院には、私のように育児をしながら働いているママさん看護師がたくさんいます。苦労することは多くありますが、分かち合えるスタッフがいます。また、家庭は家庭、仕事は仕事で楽しさが違います。明るいスタッフに囲まれており仕事に来て笑わない日はありません。そんな私が仕事をここまで続けてこられたのは、上司やスタッフ、家族の協力や理解があるからだと思い、日々感謝しています。

私は、「患者様のためにと、他職種が一丸となって考えたり、そのために各々が自ら行動していくところ」に当院の魅力を感じています。4月からは本館病棟の主任を勤めることになりました。不安なことは沢山ありますが、明るく楽しい職場作りを目指して頑張っていこうと思います。また、スタッフの魅力を引き出していけるような環境作りにも力を入れたいと考えています。

(2016年2月)
市立小樽病院高等看護学院卒業   笹谷 由紀子

私は当院へ就職してもうすぐ2年になります。私が当院に入職したのは、インターンシップがきっかけでした。患者様と看護師の距離が近く、また職員同士仲が良く笑いがあふれており、入職しようと決めました。

私は現在ローテーション中でICUから救急検査室へ移動し勉強しています。移動したばかりはもちろん大変ですが、部署ごと先輩が手助けしてくれます。自分に合った指導方法など、一緒に考えてくれたりと、働きやすいです。またローテーションをすることで、各部署の役割だけでなく、患者様が入院や手術になるまでや手術から回復し、退院していく過程を近くで見ることができ、勉強になるし楽しく思います。

12月から私は手術室へ移動になります。病棟へもどったときには患者様の看護に活かせるように、たくさん学びたいと思っています。

実際に見ると当院の良さが分かると思います。一度見学にいらしていただきたいと思います。
(2015年11月)

北海道医療大学卒業  成田 亜矢可

 

 

私は学生の時に実習で当院に来て、その時看護師一人一人が患者様のことを第一に考え、話し合い(カンファレンス)をしている姿を見て、入職しようと思いました。
初めは仕事に慣れず途方にくれることがほとんどでしたが、患者さん一人一人の出会いが私の支えになり、名前を覚えてもらえた時や「山下さんのおかげで元気になりました」と言って貰えた時にはとてもうれしく「これからも頑張ろう」と思えました。それは今でも同じです。

当院では病棟以外にもICUや手術室などの部署へ異動し、就業するローテーションシステムが導入されています。各部署での仕事内容や患者様の容態は異なりますが、各々の部署で様々な事を勉強し、学ぶことができ、自分自身の成長に繋がっていると実感します。

今私は新人看護師の指導をしています。指導にあたり、「自分も分からなかったり、悩んだり戸惑うことの連続だったな」と思い出し、初心にかえり、新鮮な気持ちで新人看護師と向き合い、仕事にのぞんでいます。
徐々に自分に任せてもらえる仕事が増え、大変だと思うこともありますが、職員同士励ましあいながら仕事ができる環境にあるため、「またがんばろう」と思えるモチベーションになっています。プライベートでも出かけたり、飲み会に行く程仲がよいです!

当院で是非一緒に働きませんか?( ^^ )
(2015年6月)

天使大学卒業  山下 くるみ

 

 

 私は当院へ入職してから、4月で1年になります。病棟で経験を積み、これからICUへとローテーションすることとなりました。

私は当院の循環器を専門にしている点とローテーションシステムに魅力を感じ入職しました。実際に働くと、病棟勤務だけでも必要とされる知識や技術はたくさんあり、上手くできない、困ってしまうことも多いですが、そんなときは職場の先輩方が手を差し伸べてくれます。先輩方はみんな優しく、本当に頼りになる方々で、私たち新人看護師を育てようとしてくれます。

今月からICUでの勤務になり、再び多くのわからないことや、はじめてのことに直面していくと思います。そこで多くを学び、経験し、早く先輩方のような看護師になりたいと思っております。そのためにも、今後とも日々学ぶ姿勢と、一日の振り返りを大切にしていきたいです。

実際に働く看護師の様子や各部署をみていただけると、当院の雰囲気が伝わると思いますので、ぜひ一度見学にいらしてください!

(2015年2月)

札幌医科大学卒業   佐藤 涼太

 

 

出身校一覧

北海道大学(医短・専門学校含)、札幌医科大学、北海道医療大学、天使大学(短大含)、札幌市立大学、旭川医科大学、名寄短期大学、北海道保健看護大学校、日本福祉看護・放射線学院、北海道ハイテクノロジー専門学校、市立小樽病院高等看護学院、滝川市立高等看護学院、函館厚生院看護専門学校、北都保健福祉専門学校、富良野看護専門学校、北海道医薬専門学校、他

トップへ戻る

http://prematuretreatmenttabs.com/ how to increase sperm count testosterone injections hgh for sale steroids for sale